2005年12月19日

短波放送「しおかぜ」

先日、新しくなった調査会のポスターを調達しに、飯田橋の調査会に伺いました。ちょうど荒木代表が短波放送「しおかぜ」の収録で、家族から被害者への手紙を代読していました。

荒木代表.jpg


短波放送「しおかぜ」とは、
@拉致被害者に対して日本で救出の努力をしていることを伝える。
A北朝鮮当局に注意しつつ情報を外部に出してもらうよう伝える。
Bその他※今後の課題だが、北朝鮮の体制崩壊時などには避難場所等の情報を流すこと等にも使うことを想定している。
などの目的で、調査会で作成した番組をインターネットを使って英国に送り、英国から第三国の送信施設を経由して流しているものです。
詳しくは→http://senryaku-jouhou.jp/shiotsuu.html

丁度その日、日テレとTBSの記者の方々が取材に訪れていました。

取材.jpg


TBSの取材は、昨日の報道特集の映像として、利用されていました。

KONAも最近、やっと両親兄弟の許可をもらい、兄・清文への手紙を書き調査会へ提出いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

清文お兄ちゃん、妹の美幸です。最後に会った時は5歳でしたが、今は35歳。横浜に住んで、東京で働いています。(今の日本は、肥満になれる要素が多く、大きく育ちました。←荒木代表が笑ってしまうので、削除したそうです。)
父も母も貴方が失踪して、これ以上はないという程、必死で探し、体調を崩したりしましたが、今も歳は取ったものの、健在です。
まー兄ちゃんには、幼稚園児の甥姪が居ます。皆は長野県で貴方の帰りを待っています。
母は一昨年、がんで子宮を取りました。初期がんで、命に別状はありませんが、摘出した子宮は、お兄ちゃんも私も育った場所です。だから清文兄ちゃんの分もお礼を言いました。
両親が元気な内に合わせてあげたいと思い、私もできる限り、日本政府や国民、世界の人々に訴えて、一秒でも早くお兄ちゃんが帰って来るように活動しているから、お兄ちゃんも必ず日本に帰ってきて再会できるまで、頑張って下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この放送世界各国から反響の声があるようです。

よく、短波放送を「どこそこで、どんな状況で聴きました」と手紙を書くと?カードが貰えるそうで・・・。調査会のカードを紹介します。

お礼状.jpg


このカードを貰えるシステムで、ピョンヤン放送を聴いて、手紙を書き、拉致対象者に選別されたのではないか、なんて話も、兄の失踪調査開始の頃、言われましたっけ・・・。

戦略情報研究所HP内「しおかぜ通信」をリンク先に追加しました。

杉山清貴&OMEGA TRIBEの「海風通信」と、その続きとされる「夕凪通信」と言うタイトルの名曲が思い出されますが・・・。

また、調査会のHPがリニューアルされていて・・・(^^ゞ
調査会から発売されている、ストラップのデザインなどが確認できます。
ブルー大好きな、KONAも愛用中です。

posted by KONA at 16:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 拉致・特定失踪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

12/18 TBS「報道特集」北へ届け!家族の声(1)
Excerpt: *写真は、昨年11月の上野街頭署名活動での特定失踪者「山本美保さん」の妹さんの森本美砂さんです。 *12/18TBS放送の「報道特集」を、ビデオに撮ったものから文字化しました。(テレビからの写真..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-12-24 02:20

兄さんだよ 姉さんだよ
Excerpt: 【12/21 読売新聞夕刊 「ズームアップWEEKLY」より】 《北朝鮮向け日本語放送》 深夜11時過ぎ、短波5.89メガ・ヘルツ。ノイズの中から日本語放送が浮かび上がる。「北の地で凍えてい..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2005-12-24 02:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。