2006年05月26日

短歌の里・・・でも俳句

KONA及び、兄・清文の通った小学校は、歌人に縁の深い学校です。

校長室の掃除当番の時などには、歴代校長先生の写真に、斎藤茂吉・中村憲吉と歌集「アララギ」を歌壇の中核に高めた「島木赤彦」先生の写真がありました。
また、島崎藤村に傾倒した「太田水穂」や、「若山牧水」の奥さんで同じく歌人の「若山喜志子」の出身地でもあります。とても誇りに思っています。

小学校の校庭は松林に囲まれ、多くの歌碑が立っていました。
中でもメロディがついて、第二校歌とされていた短歌が、強く記憶に残っています。

命ひとつ露にまみれて野をぞゆく
はてなきものを追ふごとくにも
水穂


KONAが卒業してからですが、小学校に隣接して、短歌記念館ができました。

http://www.openspc2.org/tanka/

歌人・作詞家など、日本語文化に長け、優れた教員・教師の居た長野。教育県と呼ばれ、いつのまにか、日教組(チュチェ研)に犯されていったのでしょうか?

現文部科学大臣「小坂憲次」衆議院議員は、長野1区の自由民主党議員ですが、2004年頃、衆参両院に拉致特別委員会を作る際に国対委員長、中川秀直と共に、反対。小坂憲次に至っては「絶対反対」を叫んだそうです。

爽やかな松風を思い出すとき、兄も遊び運動したであろう校庭を思い浮かべると、とても複雑な、やりきれない思いに駆られます。

KONA作成の短歌を・・・と思いきや、俳句(川柳)?でした・・・(^_^;)


兄奪還 資料作れば スキルアップ

拉致事件 理解できたら戦闘中


皆さんも、拉致問題をテーマにした、短歌や俳句、川柳が思い浮かんだら、是非コメントに書いて行ってください。
posted by KONA at 14:01| Comment(0) | TrackBack(3) | こんな事でもコナボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

三十一文字のパレット (中公文庫 (た54-1))
Excerpt:  この本を読むと、多くの歌人の作品を少しずつ知ることができる。私がまだ俵万智さんしか知らないときに買った本だったので、他の作家さんの歌に触れることができて、とても参考になった。 私はあまり短歌入門とか..
Weblog: 歌集をいっぱい集めました
Tracked: 2007-09-28 08:06

プーさんの鼻
Excerpt: 出産を控えている時に、人から薦められました。いまさら俵万智を読むのも気恥ずかしい...なんて思ってましたが手にとってみて、その斜に構えた心が逆に恥ずかしくなりました。子供を身ごもり、出産し育てている今..
Weblog: 歌集をいっぱい集めました
Tracked: 2008-01-20 09:02

チョコレート革命 (河出文庫―文芸コレクシ
Excerpt: 俵万智さんの大ヒット「サラダ記念日」。私は全く感じなかった。けれども「チョコレート革命」には私は感じた。「大人の返事する君」に「チョコレート革命起こす」万智さんの「恋心」と「もがき」が。惚れた男に妻子..
Weblog: 歌集をいっぱい集めました
Tracked: 2008-02-22 09:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。