2006年10月11日

マッピングリスト3−6

調査会から追加でマッピングリストが発表されました。

マッピング・リスト3 医療関係者の失踪
A       昭和34(1959)年  看護婦希望?(福岡)
安達恵美子 昭和34(1959)年 看護婦(京都)
木村かほる 昭和35(1960)年 看護婦(秋田)
正木洌子  昭和36(1961)年 病院事務(徳島)
B       昭和38(1963)年 医師(北海道)
C       昭和43(1968)年  薬剤師(愛知)
長谷川文子 昭和44(1969)年 看護婦(北海道)
山下綾子  昭和46(1971)年 看護婦(愛媛)
国広富子  昭和51(1976)年 看護婦(山口)
曽我ひとみ 昭和53(1978)年 看護学校生(新潟)
D       昭和54(1979)年 看護婦(山梨)
E       昭和55(1980)年 薬剤師(兵庫)
上田俊二  昭和56(1981)年 医学専門書店勤務(東京)
鈴木清江  昭和57(1982)年 耳鼻科病院事務員(静岡)
山本美保  昭和59(1984)年 看護学校中退(山梨)
加藤悦子  平成元(1989)年 准看護婦(愛知)
保泉泰子  平成3(1991)年  看護婦(愛知)
松井綾子  平成10(1998)年  レントゲン技師(茨城)
永島康浩  平成14(2002)年  准看護士(栃木)
※女性看護師の拉致は明らかに「看護婦」を狙ったものと思われるのであえてそう記載した。

マッピング・リスト4 電話関係者の失踪
A       昭和44(1969)年 電電公社職員(大阪・アベック)
加藤久美子 昭和45(1970)年 電電公社の交換手の資格(福岡)
生島孝子  昭和47(1972)年 電話交換手(東京)
峰島英雄  昭和49(1974)年 電話工事(千葉・女性二人と失踪)
市川修一  昭和53(1978)年 電電公社職員(鹿児島・アベック)
加藤八重子 昭和53(1978)年 電電公職員・電話交換手(群馬・同僚も失踪)
本多茂樹  昭和55(1980)年 電話関係の仕事(北海道)
B       昭和58(1983)年 電電公社職員・電話交換機の保守(愛知ないし岐阜)

マッピング・リスト5 アベック・夫婦の失踪
中塚節子・A(未登録) 昭和38(1963)年(東京・同じ会社の男性と)
B・C           昭和44(1969)年 (大阪・男性は電電公社職員)
園田一・敏子      昭和46(1971)年  (鹿児島・夫婦)
山口浩一・D       昭和48(1973)年 (青森)
遠山文子・E       昭和48(1973)年 (石川)
三浦和彦・波多野幸子  昭和49(1974)年 (福岡)
※峰島英雄・関谷俊子・遠山常子 昭和49(1974)年(千葉)
申相玉・崔銀姫     昭和53(1978)年 (香港・別々に拉致)
地村保志・浜本富貴恵  昭和53(1978)年 (福井)
蓮池薫・奥土祐木子   昭和53(1978)年 (新潟)
市川修一・増元るみ子  昭和53(1978)年 (鹿児島)
F・G(未遂)       昭和53(1978)年 (富山)
安達俊之・H       昭和56(1981)年 (石川)

マッピング・リスト6 印刷関係者の失踪
中村健一 昭和33(1958)年 青写真技術者(長崎)
中塚節子 昭和38(1963)年 印刷会社勤務(東京・同じ会社の男性と)
小林栄  昭和41(1966)年 オフセット技術者(東京)
日高信夫 昭和42(1967)年 印刷工(東京)
A      昭和42(1967)年 印刷会社営業職(兵庫)
早坂勝男 昭和43(1968)年 オフセット技術者(東京)
横田道人 昭和45(1970)年 脱硫技術研究者(群馬)
B      昭和48(1973)年 印刷工(東京)
江藤健一 昭和48(1973)年 写真印刷技術者(千葉)
C      平成9(1997)年 印刷会社勤務(北海道)

コナボ考察
<医療関係者の失踪>医療関係機関に、工作活動拠点があったことは、西新井事件で明確になっています。その知識を麻薬開発に利用されている人もいるかも・・・。

<電話関係者の失踪>電話関係機関にも、工作拠点?情報の傍受工作と言う点では、知識経験の利用価値あり、失踪者家族宅に無言電話が多いのも、この傾向のせい?兄・清文は、電気通信大学生ですから、このリストにも近いかもしれません。

<アベック・夫婦の失踪>工作員として定着させやすいため?日本人化教育の先生や、翻訳情報に従事させられる傾向があるのでは?
兄・清文も、数日前に失踪した女性、松下さんとワンセットとすれば、ここに入るのかも?

<印刷関係者の失踪>後存知、偽札製造に従事させられている可能性大。アメリカ人にも、ドル造幣関係者の失踪があるとか無いとか・・・。

あなた自身に不審人物の接触があったなど、身に憶えや、あなたの知人から、変な事があった話しなど聞いた憶えはありませんか?放っておいたから大変な事になっていますよ・・・。

情報をお持ちの方は調査会までご連絡下さい。

特定失踪者問題調査会Tel 03-5684-5058 Fax 03-5684-5059
email:chosakai@circus.ocn.ne.jp
posted by KONA at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピングリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。