2006年10月18日

マッピング・リスト7

15日、横浜市瀬谷の集会に、参加いただきました皆さん、ありがとうございました。
今回は、「調査会」や「しおかぜ」の為のカンパ箱は設置しなかったのですが、横田御夫妻が、受け取られたカンパを、「今日は特定失踪者のご家族の皆さんもいらっしゃるので、半分は調査会にお渡ししたいのですが宜しいでしょうか?」と参加者の皆さんに呼びかけていただき、皆さんのカンパを調査会と家族会で活用させていただく事となったのには、とても感動しましたし、参加者の皆さん、開催スタッフ皆さん、そして横田御夫妻に、感謝の気持ちでいっぱいです。
この日KONAも壇上で、発言の機会を頂いたのですが、前日大泣きして、また持病の咽頭炎で、微熱鼻声での発言となりました。
なぜかと言えば、13日に調査会では、印刷関係の失踪者である、日高信夫さんを35人目の拉致濃厚者として、1000番台リストに載せました。
同じ会見で、マッピング・リスト7が発表になりました。
その内容について、KONAの所に調査会メールが届いたのが、14日午前でした。
丁度TVで、元核開発工場の副工場長だったという脱北者の話を見たばかりでした。

北朝鮮の核開発現場では、「核の放射能は、紙一枚で防げるもので、健康上の何の心配も無いという、ウソの教育をされ、布製の防護服で作業を行い、次第に髪が抜け、歯茎から血が出ても、放射能によるものだとは、思わなかった。」と言う証言でした。
確かにこれまでも、北朝鮮の原子力発電所の映像として出てくるものは、日本の厳重な重苦しい防護服とは違い、質素な布の、蜂から身を守る程度の防護服にしか、見えなかった事を思い出しました。
さらに、同じようにチェルノブイリ原発事故の時の、兵士の防護服が大げさな防弾チョッキ程度で、その映像に映っている兵士が、誰一人生き残っていないであろう事を、報道番組で見た事も思い出しました。

その直後に、マッピング・リスト7に、兄・清文の名前が出ているのを見て、「こんな環境で働かされていたら、どうしよう。健康を害しているのではないだろうか?」と悲しくなってしまったのでした。

マッピング・リスト7 原子力発電・核兵器・ミサイル開発に関係する技術者の失踪
山下平  1960年 金属加工業
A(女性)  1964年 電力会社勤務
佐藤益一 1970年 日立製作所
荒谷敏生 1974年 北陸建工勤務、日本高周波に勤務
三浦和彦 1974年 松下電器(ラジオ組み立て) アベックでの失踪
高野清文 1976年 電通大学学生(材料学の研究)
B      1976年 鋳型工場勤務
C      1978年 化学会社勤務
D      1979年 川崎航空機に勤務
中島裕夫 1980年 化学の専門化(製粉技術)  アベックでの失踪
横山辰夫 1981年 溶接工
河嶋功一 1982年 ロボットアームの研究
伊原照治 1984年 城口研究所勤務、配管工
亀谷博昭 1986年 精工電機 精密機器組み立て 
矢倉富康 1988年 マシニングセンター技術者(失踪当時は漁師)ミサイル部品製作に必要な精密機械制御の技術者
石坂孝  1988年 厚生省技官(毒性物質の検査技師)
矢島克己 1989年 埼玉大学大学院(電気物理学の研究)
E      1991年 電気技術者
F      1995年 原発関係の技術者
安西正博 1996年 荏原製作所(ポンプ)の営業
* このリストは、原子力・核・ミサイルに関連する技術や知識を持っている失踪者をまとめたものであり、河嶋功一さんを除いて、現段階で拉致の可能性が濃厚という判断に立っているものではありません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061014-00000000-san-soci

材料学の研究といっても、材料学科で、2年生半ば、まだゼミにも入っておらず、光ファイバー勉強がしたかったようでした。電気通信で材料と言うと、『マッピング・リスト4 電話関係者の失踪』に、より可能性を感じる部分もあるのですが・・・。

もし、兄や、兄でなくても必ず日本人拉致被害者の知識・技術が利用されているであろう、北朝鮮の核爆弾が、日本や、他の国に被害をもたらしたら・・・、皆さんはどう考えますか?
そしてその日本人が、あなたの家族だったとしたら・・・。
posted by KONA at 14:36| Comment(1) | TrackBack(1) | マッピングリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コナさんマッピングリスト拝見しています。
自衛隊関係者現役大学生や専門学生のマッピングリストはもうすでに発表されましたでしょうか?

私の出身地は家族が多いので男性は自衛隊に女性は看護師が目立ちます。
これと言った不明者は聞きませんが自衛隊家族の不審死を数件目の当たりにしています。自衛隊ではないのに他の兄弟と間違われたのかなと最近感じています。キャンプしていて不明になった人達もかなりいるようです。
内容は伏せますね。

マッピングリストが発表されたらまた表示してくださいね。
Posted by saita at 2006年10月18日 18:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

10/15 瀬谷区拉致問題を考える会講演会 高野美幸さん
Excerpt: *写真はこの日ご参加の特定失踪者ご家族の皆さんです。右から大澤茂樹さん、高野美幸さん、寺島佐津子さんのご両親です。 10/15に瀬谷区拉致問題を考える会講演会が横浜市で開催されました。救う会神奈..
Weblog: aoi blog
Tracked: 2006-10-18 18:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。