2007年03月15日

金融制裁一部解除 VS 国内向け拉致TVCM

今日から、政府が国内向けに「北朝鮮による拉致問題をより広く国民に理解してもらうため」のTVCMを始めるそうですが、見たら母が、また大泣きしそうで心配です。

拉致事件を本気で全面解決するつもりなら、国内の理解の進んだ今、なぜ国内向けに1億500万円と言う金額を、使うのか?

拉致事件全面解決が、金政権の崩壊しかないと、国民のほとんどが理解し始めているのですから、同じ金額を、「@国内の壁山拓・加藤諸々の、精神正常化」に使い、「A崩壊に向けた、外交工作を仕かける」ように、この金額を持ってゆくのが、拉致事件を理解し、解決しようとする政府のあり方ではないのかと、首をかしげてしまいます。

政府は何かが、ずれています。

KONAは首をかしげていれば良いのですが、その間にも、拉致被害者は命を落としているかもしれないのです。そしてその中に、兄が入っているかもしれないのです。
正直笑い事ではないです。

そんな的外れな日本を嘲笑うかの様に、アメリカは、北朝鮮への金融制裁を一部解除すると言うではないですか・・・!
以前から気にしている、「照」さんに見えていることがまた一つ、現実になるのでしょうか?

http://yoken.kinmiraiken.jp/wordpress/?p=359
posted by KONA at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 拉致・特定失踪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。