2005年08月29日

8/31TV朝日「迷宮の扉」放送のお知らせ。

8月31日のテレビ朝日「スーパーJチャンネル」は特番で、16:30〜17:00(通常より前倒しする形です)に『迷宮の扉』特集で「高野清文」「坂本とし子」「生島孝子」をメインにした、東京から失踪した拉致疑惑の放送がございます。
番組スタッフが、神津島まで取材に行き、私も先日、局で取材を受けました。千両池の様子もご覧いただけるのではないかと思います。

どうか多くの皆さんにご覧いただけますように、メール転送、サイトでの告知等ご協力頂けるようお願い申し上げます。

2005年07月14日

週末の講演会、参加のお知らせとお願い。

今週末神奈川県内において、二つの拉致問題解決に向けての、講演会・集会があります。

タイトル めぐみさんたちは生きている! 第11回拉致問題講演会
      「拉致被害者と家族の人権を考える市民集会
      〜拉致を語らずして人権を語るなかれ〜」
日 時  7月17日(日) 開場13時半 開会14時〜17時半
場 所  藤沢産業センター
      〒251-0052神奈川県藤沢市藤沢109-6 湘南NDビル7階
      TEL0466-21-3811
最寄り駅   JR藤沢駅北口より徒歩5分・藤沢郵便局隣り
登壇者   横田 拓也(北朝鮮に拉致された被害者家族連絡会事務局
             次長、横田めぐみさんの弟)
       市川 龍子 (市川修一さんの義姉)
       斉藤 文代 (松木薫さんの姉)
       平野 フミ子 (増元るみ子さんの姉)
       榊原 洋子 (脱北者)
       真鍋 貞樹 (特定失踪者問題調査会専務理事)
会場案内図 http://www.cityfujisawa.ne.jp/~fcenter/sisetu4.html
参加費   500円(学生 300円)
主 催   拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
共 催   救う会神奈川
連絡先   TEL090−9816−2187(川添)


タイトル  第6回 なぜ救出できないのか 北朝鮮を動かすには
日 時   7月7月18日(祝日) 午後2時から(1時開場)
場 所   町田市民ホール JR・小田急線「町田駅」より徒歩7分
登壇者  横田 滋・早紀江夫妻
      安倍晋三・幹事長代理・自民党拉致対策本部長
      水野賢一・自由民主党・衆議院議員
      原口一博・民主党・衆議院議員
      森本敏・拓殖大学海外事情研究所 所長
      西岡力・東京基督教大学教授・救う会副会長
      重村智計・早稲田大学国際教養学部 教授
      荒木和博・拓殖大学海外事情研究所教授・調査会代表
      司会:宮崎緑・千葉商科大学政策情報学部助教授
参加費   1500円
主 催   北朝鮮に拉致された日本人救出のための市民の会
      (町田救う会)
      町田救う会HP
      http://www.h7.dion.ne.jp/~b_ribbon/
連絡先   070-5556-7394(土・日 070-5543-4764)


上の藤沢の集会へは第6回から、登壇も含め6回目の参加となります。(もう一年半にもなるのですね。)前回は、4月28日に記事

http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/3191860.html

にしました、『蒼明』を歌う機会を頂きました。
この集会は、拉致のみならず、忘れられがちな、よど号犯人による拉致や、特定失踪者、被害者家族の人権、金政権下で、苦しんでいる事さえ口にできない、北朝鮮人民にまで、同じ根源の問題として焦点をあてている事は、先鋭的で、このような多角的なもののとらえ方が、政府や国民に広がる事によって、拉致問題解決や国としての日本を考える事につながると思っています。
藤沢ではいつも通り、町田では荒木調査会代表のお誘いにより、先日紹介しました、母の編み物作品

http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/5028171.html

を販売させて頂きます。販売代金は、調査会への募金と、SSQのチラシ印刷など、活動費として利用させていただきます。

みなさんの参加をお願いいたします。

2005年04月21日

参加のお願い

『特定失踪者問題調査会』中央メーデーへの出展について
KONAの兄・高野清文の拉致の可能性について調査をしてくれている、民間団体『特定失踪者問題調査会』(以下調査会)では、拉致問題に関する啓発のため、連合(日本労働組合総連合)主催の中央メーデーに出展を行います。KONAも参加し、積極的に家族の声を届けたいと思います。ご都合のつく方はぜひご来場ください。

日時:4月29日(金)10:00〜15:30(悪天候の場合中止あり)
場所:代々木公園中央メーデー会場(人権ゾーン)
内容:パネル展示、署名活動、ポスター、グッズ販売
会場案内はhttp://www.jtuc-rengo.or.jp/new/info/76mayday/area.htmlをご覧下さい。

この会場で、KONAの母が、兄・清文の生存と再会を祈って編んでいる、編物(主にエコロジーたわし)の販売を行います。チラシの配布も行いたいと思います。
調査会オリジナル−携帯ネックストラップの販売もあります。ストラップは調査会への振込みで購入する事もできます。

『あなたの首にも「ブルーリボン」を!!鮮やかなブルーに白抜きで《RESCUE! Abductees by N.Korea》の文字。携帯電話に、デジカメに、IDカードに……あなたの拉致被害者救出の願いを込めて。※このネックストラップは、下記へのお申込か「救う会」主催の集会(一部)のみでの販売となりますのでご了承下さい。

価格;1本500円  送料:2本まで90円・5本まで140円・9本まで200円・10本以上は無料
お申込み・お支払い  
郵便振替: 00160-9-583587 特定失踪者問題調査会
現金書留: 〒112-0004 東京都文京区後楽2−3−8 第6松屋ビル401
     (「通信欄」に、必ず「ネックストラップ○○本希望」とご記入下さい)
発送:送金の確認がとれ次第お送りしますが、在庫状況や休日を挟んだ場合、若干日数を要する場合がありますのでご了承下さい。』

4月24日の日比谷の国民大集会でもストラップ販売の予定だそうです。こちらも公園を埋め尽くすほどの皆さんの静かな怒りを、参加という形で表して頂けますようお願い致します。

☆小泉首相の決断を求める国民大集会☆
日時:平成17年4月24日(日)午後2時から5時まで(開場1時先着順)
会場:東京:日比谷公会堂  千代田区日比谷公園1−3 03-3591-6388
     地下鉄霞ヶ関駅B2・C4出口、内幸町駅A7出口、日比谷駅徒歩3分
テーマ 国家意思を示すため今こそ経済制裁発動を
司 会 桜井よしこ(ジャーナリスト)
登壇者 家族会会員・救う会役員・議連役員など
来 賓 韓国拉致被害者家族、中山恭子元内閣官房参与ほか
参加費 無料(会場カンパ歓迎)

特定失踪者の家族も前回同様に集まって参加の予定です。皆さんの心を一つに、協力をおねがいします。次の国民集会では、全員救出できたお礼のできる集会になるように・・・。

2005年04月20日

ようこそ!!KONAboration-SSQへ

お世話になっている沢山の皆さん。そしてはじめましての皆さん、ようこそ。
KONAこと、高野美幸です。宜しくお願いします。
いつもくだけたKONAを見ている皆さんには重い話しかもしれませんが、KONAの頭の中ではこんな風に色んなcollaborationや、synchronizeが起きているんだなーっと、身近に感じてもらえたら、幸いです。
また、真剣に拉致問題解決に取り組んでいる皆さんの中には、KONAの発想がふざけていると感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、関心のない人方に、多少砕けた形で情報提供することで、一人でも多くの日本国民の関心を引けたらいいなと思って取り組んでいますので、なにとぞご理解をお願い致します。

KONAが5歳の時失踪した兄の拉致の可能性と、終戦で朝鮮半島から10歳で引き上げてきた母の朝鮮人民への思いを通して、拉致・特定失踪者問題の早期解決と、金正日政権下で苦しむ人々の救済に取り組んで行きたいと思います。
これらの問題の根っこはほぼ同じもので、中国と朝鮮半島、日本国内に至るまで、それぞれの〈政府政権の思惑〉や〈団体の意図的な情報や教育の操作〉で起こったもので、そこに大きく便乗したのが『金正日独裁恐怖政権』なのだと思っています。有識者の方、知識が浅くてすみません。
ただ、KONAの兄が失踪し、個人民間のレベルで調べ得る限りには、拉致の闇が覆っている事は確かな事です。

どうか皆さんこれからも、拉致・特定失踪者・北朝鮮問題解決の(そして日本を日本人の国にする)ために、無理せず、得意な事好きな事で、できるもので、息切れのしない協力をお願いします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。