2007年01月23日

しおかぜに政府支援はありません?

最近、調査会の短波放送「しおかぜ」の政府対応についてのご質問がありました。

まずはしおかぜ通信内「しおかぜだより」をご覧下さい。

http://senryaku-jouhou.jp/tayori.html

現状、「関係各位とお話をつめてる段階」のため、調査会から正式な発表(調査会ニュース・しおかぜだより等)があるまでは、詳しい内容が解からないのが正直な話です。

ただ、先日横浜の集会にて、しおかぜ担当の村尾調査会理事からお話があったので、KONAの意見も合わせて、理解の範囲で現在の様子をお知らせしたいと思います。
講演の内容については、あおいのママさんがブログに文字化して掲載してくださっていますので、ご参照願います。

http://aoinomama13.seesaa.net/article/31752218.html

現在、北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」の放送にかかっている費用は、1番組、月60万の放送配信費用が必要で、妨害電波によって、別電波帯に移すのも無料では済みません。今では年間おおよそ、1500万円かかっているとの事です。

昨年から報道されている短波放送「しおかぜ」への政府協力とは、調査会全体や、放送に必要な全金額へ、予算が付いた訳ではなく、短波放送「しおかぜ」費用について、その一部を政府が費用補助するというもので、「支援」とは言わないで欲しいとのことです。まだ、金額も未定です。

調査会の主な活動「独自の失踪者調査」や、これから展開予定の「バルーンプロジェクト」に対して、政府が全面費用負担をするものではありません。

KONAが、兄の再調査を、政府や警察に申し出た、2002年9月。「民間だからこそできることもありますから」と、資料送付を快く受けてくれたのは、救う会事務局長時代の荒木代表でした。
政府では、できない事をしているからこそ、政府が全面支援できないのが現状だと思います。これまでも、費用と人材の不足で、やりたい事、やらなければならない事を、できないで来た部分もあります。

これまで通り、皆さんからのカンパが、調査会、ひいては政府に認定して貰えない拉致被害者の、命綱となります。

調査会そのものの活動、や失踪者家族が動かなければならない時、今後とも皆さんの政府とは別の「支援」に頼らなければ、解決への扉をこじ開けることはできません。どうかこれまで通り、これまで以上に強力に、多角的に、地道に「調査会・しおかぜ」の応援してくださる事をお願いしたいと思います。

追伸:いつも「しおかぜ」に関心を持って心配してくださる皆さん。放送を聞き、受信情報をネット等で発信し続けている皆さん。一緒に戦ってくれてありがとうございます。感謝・・・m(_ _)m

2007年01月11日

1/14神奈川県民集会(横浜)のお知らせ

KOANの現住所である神奈川の救う会の県民集会が昨年4月から、9ヶ月ぶりに開催されます。

安部政権になったといっても、過信できない状況が続いています。

今回の集会は、「よど号グループによる拉致」に焦点を合わせると同時に、国会でも論議を呼んだ、北朝鮮へのラジオ放送について、調査会短波放送「しおかぜ」の担当である村尾理事に、講演をして頂きます。

疑問・誤解をよんでいる「政府のバックアップ?」についてもお話があると思います。

もちろんKONAの母が兄を待ちながら作製している、編み物作品
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/5028171.html
の販売もございますので、皆様ご参加をお願い申し上げます。

■県民集会のお知らせ

「北朝鮮によるすべての拉致被害者を救出するぞ!!
  北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会」
〜よど号グループよ!!拉致した松木薫さん 有本恵子さん
    石岡亨さん 福留貴美子さんを返せ!!〜

日 時:平成19年1月14日 日曜日 
午 後1時開場・午後1時30分開演(午後4時過ぎ終了)
場 所:横浜情報文化センター 情文ホール
http://www.idec.or.jp/shisetsu/s6-jouhou.php4?f=jouhou/6-map.htm
「みなとみらい線「日本大通り駅」 情文センター口 0分
 JR・横浜市営地下鉄「関内駅」 徒歩10分」

講演者:有本明弘さん(有本恵子さんの父)
    有本嘉代子さん(有本恵子さんの母)
    斉藤文代さん(松木薫さんの姉)
    三浦小太郎さん(人権活動家)
    野村旗守さん(ジャーナリスト・著作 社会党に騙された!ほか)
    村尾健兒さん(特定失踪者問題調査会専務理事)

主 催:北朝鮮に拉致された日本人を救う神奈川の会
共 催:北朝鮮による拉致・人権問題を考える神奈川県民集会実行委員会
共 催:よど号グループに真相を究明する会
協 賛:拉致被害者と家族の人権を考える湘南の会実行委員会
後 援:横浜地方法務局・神奈川県・横浜市都市経営局・相模原市・逗子市・大
和市・テレビ神奈川・神奈川新聞
入場料:500円(学生300円)
問合先:090(9816)2187又はsukukaikanagawa@hotmail.com

県民集会チラシ

http://www.geocities.jp/flying_grooves/070114out.pdf
http://www.geocities.jp/flying_grooves/070114.jpg

2007年01月04日

本年も宜しくお願いします。

まだ、おめでとうとは言えませんが、本年もよろしくお願いいたします。

前回の記事通り、塩尻に帰ってゆっくり年越しして来ました。
大好きな母とも、沢山話をして来ました。

kamidana.jpg


写真は実家にある、兄の失踪から七年経過後、両親が心のけじめをつけるため、失踪宣告で籍を抜き、神徒で供養するために設けた、御霊舎です。
2002.9.17から後は、生きていて欲しい、再会できるように祈る場になっています。

そんな中で、大晦日の午後、「大掃除の時に見つけた」と、兄の小学校の時の同級生の方が、当時、兄からもらったと言う、手作りの切手を持って来てくれました。

kitte.jpg


2005.7.30のブログ
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/5491478.html
でも記載したように、兄は小学生の頃、切手集め等で遊んでいたと聞きました。実際に使用するためでは無く、友達同士で交換し、コレクションするために、手書きの切手を、作っていたと言う事でした。
実物を見るのは初めてで、裏を見ると、ノートの罫線があり、少ないお小遣いで、こんな遊びをしていたんだと、幼き日の兄を思いました。

このタイミングで届けていただいたのも、何かの掲示でしょう。
今年こそ、しかも早い段階で、金政権から、拉致被害者を救出しようと、決意を堅くしております。

どうか皆さんのあと一押しをお願いして、年頭の挨拶にしたいと思います。

posted by KONA at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 兄・高野清文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

マッピング・リスト9

先週調査会から、マッピングリストの追加がありました。私は兄が失踪している事で拉致事件に取り組んでいますが、現在36歳になる事を考えると、同世代の方で拉致の可能性がある人がいる事に、驚愕してしまいます。

これだけ多くの失踪例があると、誰か一人ぐらいは自分に重なる人がいるのではないでしょうか?皆さんも自分が拉致されたら・・・という恐怖を、もう一度心に問いかけてみて欲しいと思います。


マッピング・リスト9
1980年代中盤、90年代初めの若い女性の失踪(敬称略)


A       昭和58(1983)年9月    北陸地方   18歳
井尻恵子  昭和59(1984)年3月16日 京都府京都市 23歳
B       昭和59(1984)年4月    北陸地方   20歳
山本美保  昭和59(1984)年6月4日  山梨県甲府市 20歳
今津淳子  昭和60(1985)年4月30日 埼玉県深谷市 27歳
C       昭和60(1985)年9月    北海道    23歳
林かな子  昭和60(1985)年11月22日東京都大田区 25歳
秋田美輪  昭和60(1985)年12月4日 兵庫県神戸市 21歳
D       昭和61(1986)年1月    関東地方   21歳
E       昭和62(1987)年2月    関西地方   23歳
尾上民公乃 昭和62(1987)年6月6日  大阪府大阪市 20歳
F       昭和62(1987)年6月    関東地方   15歳
西村京子  昭和62(1987)年12月26日山口県山口市 25歳
河田君江  平成2(1990)年2月7日  山口県豊浦町 23歳
清水桂子  平成2(1990)年12月13日岡山県井原市 22歳
大政由美  平成3(1991)年3月28日 韓国慶州市  23歳
佐々木悦子 平成3(1991)年4月22日 埼玉県浦和市 27歳
森本規容子 平成3(1991)年9月22日 兵庫県西宮市 18歳
福山ちあき 平成3(1991)年11月3日 大阪府大阪市 18歳
松橋恵美子 平成4(1992)年1月15日 秋田県能代市ないし合川町 26歳

※若い女性の失踪はこの前後もあるので、どこで区切るのかは難しい。ただ、西村京子から河田君江の間は調査会のリストではブランクになっている。

以上の中で失踪状況が似ているケースは次の通り
◎山本美保・秋田美輪さん(失踪時の状況・遺留品)
◎河田君江・清水桂子・松橋恵美子(失踪時の状況・遺留品としての自家用車の放置状況)
◎森本規容子・福山ちあき(失踪時期と本人の状況)


年末年始、大町ルートを使い帰省するKONAより・・・。あなたの周辺に工作員・工作を補助している人は、いませんか?知らずに手伝っていませんか?

お互い気を付けましょう・・・。


posted by KONA at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピングリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

神奈川県第11回人権メッセージ展

10/25の記事にいたしました、10/23に神奈川県庁に要請に伺ったのですが、
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/26144106.html
その後、神奈川県人権メッセージ展にて、神奈川県に関係のある特定失踪者家族にも、メッセージを寄せてもらいたいとの要請があり、KONAは、調査会のパネル同様に、自作の歌
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/3191860.html
「蒼明」の歌詞をメッセージとして提出いたしました。

横浜駅直近という地の利もございますので、こちらへも、是非足を運んでみてください。

【日時】2006年12月18日(月)〜24日(日) 10時から18時まで、24日は16時まで
【場所】新都市プラザ そごう横浜店地下2階入口前
【内容】各界で活躍中の方々などからのメッセージパネルの展示など
【費用】不要 入場自由
問い合わせ先 人権男女共同参画課 TEL045-210-3637(内線:3639)
E-MAIL jinkendanjo.0216@pref.kanagawa.jp
http://cgi.pref.kanagawa.jp/contents/oshirase/article_sea.php?anum=5562

posted by KONA at 17:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 拉致・特定失踪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

拉致救出・日米同時集会

12月10−16日は『2006年北朝鮮人権侵害問題啓発週間』で、関係のイベントが、政府、地方自治体、家族会・救う会・調査会、法律家の会、北朝鮮難民救援基金、守る会、RENK、アメリカのフリーダムハウス、アメリカの北朝鮮自由化連合などなど、各関連機関・団体の協力の下に複数行なわれます。

KONAは平日仕事をしているため、多くのイベントに参加することが出来ませんが、今週末の16日(土)に、各地で被害者の写真入看板を掲げ、携帯電話で協力を確認しながら、救出を訴える民間の活動に参加します。

日時: 日本時間12月16日午前10時、米国時間12月15日午後8時
場所: 各地(目標…全国都道府県のすべてが開催地になる)
    すでに決まっている開催地(12/10現在)
    東京(7ヶ所)、大阪(2ヶ所)、新潟、山梨、神奈川、埼玉(2ヶ所)、山形、群馬、徳島、岐阜、京都、千葉、鹿児島、        静岡、北海道、沖縄、石川、福井、秋田(2ヶ所)、宮崎、三重、奈良、富山、和歌山、ワシントン、ニューヨーク

知らなかった!!これから参加したい!!と言う皆さんは、ご自分の近くの開催地に連絡をして、是非参加してみてください。

http://www.asanocpa.com/rachi/  ←こちら(ワシントンDC拉致連絡会)の日米同時集会サイトを参考にしてください。

先日もチラッと書きましたが、KONAは、山梨の主に山本美保さんの支援団体が行なう集会に参加することにし、立川と、横浜に、渋谷にダンボール製手作りの、兄の看板を預けるつもりでおります。(今夜作成します(*_*;)

拉致救出・日米同時集会=特定失踪者問題を考える=

講演  山梨学院大学教授 宮塚利雄氏
講演テーマ 『経済制裁は拉致問題を解決する!!』
12月16日(土)AM9:45開場 10:00開会 入場無料
甲府市西部市民センター 甲府市長松寺町12-30  TEL055-225-1762

「12月10日から16日は北朝鮮人権侵害問題啓発週間です。最終日の16日に日本の各地とアメリカ・ワシントンでの同時集会を行います。山梨においても皆様に拉致問題を考えて頂き、拉致問題解決へ向けて前進したいと思っております。どうぞお誘い合わせの上、御来場下さい。
山本美保さんの家族を支援する会」

2006年12月11日

都庁にて写真展

12/9(土)の朝日新聞朝刊東京版にて、12日から東京都庁で北朝鮮人権啓発週間に合わせて行なわれる、北朝鮮拉致事件の写真パネル展をご紹介いただきました。
兄・清文の他、東京都下での失踪者の内、5名のパネル内容を掲載しての紹介でした。
このブログのトップで掲載中の、5歳のKOANが、兄に抱きかかえられて写っている写真がパネルとして利用され、また、朝日新聞でも使用されています。

ゆっくり読む事の出来る、土曜に朝刊への掲載で、明日からの来訪者が増え、拉致事件への理解が広く深くなる事を祈り、改めてここでもご紹介いたします。

【都庁における写真パネル展】
期 間 平成18年12月12日(火)〜18日(月) 
毎日9時半から17時まで入場可(17時半終了)
場 所 東京都庁第一庁舎45階南展望室
※どなたでも参加できます。入場無料です。

【構成】
第1部 拉致被害者は生きている(12枚)
 ・「8人死亡」という嘘
 ・「拉致したのは13人だけ」という嘘
 ・金正日の謀略と責任逃れ
 ・すべて捏造だった北朝鮮提供の死亡情報・物証
 ・拉致被害者であることが判明した証言や告白
第2部 家族が語る拉致被害者の思い出(64枚)
 ・拉致被害者と家族の写真、人柄などの解説も
第3部 北朝鮮に拉致された人々(8枚)
 ・いつ、どこで、どんな方々が拉致されたのか
 ・特定失踪者について
 ・世界に広がる拉致問題
第4部 救出運動の軌跡(30枚)
 ・家族会・救う会設立以降の救出運動の軌跡
 ・政府に拉致問題対策本部発足まで
第5部メッセージに込めた特定失踪者家族の思い(90枚)

この写真・パネル展では、家族会(北朝鮮による拉致被害者家族連絡会)に参加している家族の内、まだ帰国を果たしていない被害者の家族からの提供写真のほか、家族会・救う会のパネル115枚と特定失踪者問題調査会のパネル90枚を展示しています。

残念ながらKONAは仕事中&週末は山梨で、拉致救出・日米同時集会への参加となるため、拝見する事が出来ません。
お時間の取れる皆さんは、是非是非、足をお運び下さい。

posted by KONA at 13:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 拉致・特定失踪者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

アッキーラッキークッキー

拉致事件解決を最優先課題と掲げる安部政権が誕生した頃、早速『晋三まんじゅう』が出ましたと、TVで放送されていたのを見て、笑ってしまったのですが、これは欲しいと思ったのが、5年ぶりのファーストレディー昭恵夫人をキャラクター(?)にした洋菓子『アッキーラッキークッキー』!!

akki-1.JPG


安部首相に頑張って頂き、その支えの昭恵婦人にあやかりたいと思うKONAの気持ち、このブログをご覧の皆さんならわかりますよね?

東京駅構外や、宇部空港、議員会館の売店で販売しているとのことだったので、11/8に塩崎官房長官に要請
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/27175602.html
に行った帰りに、議員会館に立ち寄り、購入しました。ちょっと厚めに、カップに入って焼かれている、とってもおいしいクッキーです。

akki-2.JPG


外箱の底面には、ご夫妻のことが、イラストで楽しく書かれていて、韓流ファンな所もKONAには共感できる一因でしょうか?
http://konaboration-ssq.seesaa.net/article/6181127.html
河口湖に別荘・・・。富士山好きKONAにはうらやましい限り。霊峰のエネルギーを美しい国創りに、生かして頂きたいです。富士山そのものも「美しい国の象徴」「世界遺産」に出来るほど、美しくしないといけないとは思いますが。

そして、購入して知ったのですが、「アッキーラッキーカード」と言う、30種のおみくじのようなカードが付いていて、KONAはなんと、『1番札大大吉』を引いたようです。安部首相ご夫妻の活躍で、きっと拉致事件は解決し、兄が帰ってくると、思える瞬間でした。この事を電話で母にも話したら、「きっとそうだね」と言っていました。

akki-3.JPG


もののついでに、安部首相のイラスト入り、講演会等で使うボールペンと、フィアンセ用のライターを購入しました。
色はもちろん、奪還ブルーです。

akki-4.JPG

2006年11月30日

12/2 大宮での講演会

明後日12月2日(もう12月?!)に行なわれる、再生フォーラム大宮での講演会に参加いたします。
KONAが初めて拉致関係の講演会に参加したのが、この再生フォーラムでした。
私にも出来る事があると勇気付けられた、とても頼もしい集まりです。
調査会の短波放送しおかぜグッズや、母の作品も少ないですが、販売予定です。参加、購入のご協力をお願いいたします。

日本再生フォーラム講演会:拉致問題を通して日本のあり方を考える・第8弾

第1部 講演
演題:北朝鮮との対話は不可能である。
   制裁と圧力のみが拉致被害者を救出しうる!
講師:三浦小太郎 先生(評論家)

第2部 拉致被害者・特定失踪者家族からの話
 飯塚繁雄さん(田口八重子さんのお兄さん)
 飯塚耕一郎さん(田口八重子さんの息子さん)
 特定失踪者家族からの話
 来賓 上田清司埼玉県知事(予定)ほか
 
日時:12月2日(土)13:40分受付開始 14:00開会
会場:大宮JACKビル(宇宙劇場ビル)5階
   JR大宮駅西口 徒歩3分 ダイエーの北側にあります
参加費:1,000円
懇親会費:+2,000円(17:20〜 飲食あり)

主催:日本再生フォーラム
後援:救う会埼玉

連絡先:Fax:048-723-4292(事務局)
    携帯電話:090-8815-4986 竹本
    e-mail:orion@fox.zero.ad.jp 竹本
※会場準備の都合上、事前に上記連絡先へご予約頂ければ幸いです。

2006年11月27日

マッピングリスト1・2

マッピングリストをカテゴリー化しました。そして、リスト1・2の記載を忘れていた事に気が付いたので、急遽記載いたします。

マッピングリスト1(目撃証言)
安明進 → 加藤久美子・古川了子・藤田進
(上田英司・松本賢一・山田建治に似た人物も目撃しているが、目撃時の記憶と失踪者本人の年齢や身長等のデータに違いがあり、同一人物であるとの自信はないとのこと。なお、安明進は政府認定者のうち横田めぐみ・田中実・蓮池薫・市川修一・増元るみ子と、政府認定者ではないが、拉致されて北朝鮮に住む寺越武志を目撃している)
呉吉男 → 生島孝子
(呉吉男は政府認定者のうち石岡亨を目撃している)
権革 → 徳永陽一郎・斉藤裕・大屋敷正行・松本賢一・生島孝子・国広富子・山本美保・佐々木悦子
(権革はこの他に伝聞情報で園田敏子の可能性のある女性の情報を明らかにしている)
金国石 → 松本京子・斉藤裕
金聖愛 → 国広富子・古都瑞子
A → 日高信夫
B → 坂本とし子
C → 園田一・園田敏子
D → 安達俊之
E → 加瀬テル子・布施範行
その他 男性3人、女性1人(ゼロ番台リストですでに名前は公開されているが、事情により誰なのかについては公表できない)についての目撃情報と、木村かほるの可能性のある伝聞情報が存在する。

マッピングリスト2(朝鮮半島での失踪者)
大政由美
中村三奈子

韓国は、よど号グループではないでしょうが、欧州拉致の有本さん、石岡さん、松木さんに状況が重ねてしまいます。モンゴルに行くと言って、よど号の妻にされてしまった、福留さんを含めてみると、<ヨーロッパや中国に観光で行って、行方不明になる内容のチェーンメールで流行った都市伝説>が、実は拉致を示唆していたのかも・・・。数年前まで、韓国や北朝鮮はわからない国、中国の一部のような感覚だった事から、もらったメールに付いていた内容にぞっとした事を思い出しつつ、そして今もう一度、都市伝説が生まれた背景に、巻き込まれているかもしれない事に気が付き、背筋が凍ります。

posted by KONA at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | マッピングリスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。